稼げるで資格で代表的な資格はなんでしょうか?

自分のスキルアップのため、将来に向けたら転職のため、単純に給料を上げるためなど、それぞれ資格取ろうと思う理由があると思います。
しかしどうせとるなら、お金に反映する、つまり稼ぐことができる方がいいですよね。
そこで代表的なものをいくつかピックアップしてみました。

まずは最近よく聞くようになったファイナンシャルプランナー(FP)です。資産運用などお金に関する専門家で、個人・法人共に需要が高まっています。
このFPにはいくつか種類があり、FP技能士、AFP、CFPといったものがあります。
それぞれ難易度は異なりますが、やはり取得前はもちろん、取得後も日々勉強することが大切です。
お金に関することなので世間の流れを敏感に察知する個人的な能力も必要とされます。
資格取得後も個人能力の差が出ることがありますが、もし企業に勤めていれば手当てがつくこともありますし、独立して起業することもできるでしょう。
そうなればやはり収入アップに繋がる可能性が十分にありますよね。

またもう一つ稼ぐことができる資格として社会保険労務士が挙げられます。
これも最近社会福祉、労働環境が注目されているため、様々な企業から需要があります。
企業に所属し安定した収入や手当てを受けられれば収入アップにもなりますが、独立して多数の企業と契約をすることでさらなる収入に繋げることも不可能ではありません。

しかしこれは国家資格で合格率は10%程度となっており、決して簡単なものではありません。
事前準備もしっかりとしなければなりませんし、社会保険や人事や労務に関する幅広い知識が問われることになります。
合格は容易なことではありませんが、将来のことを考えると取得していて損をすることはないでしょう。
むしろこれからの時代ますます必要になる可能性のほうが高いです。
時間とやる気があるのならぜひおすすめします。

今回は今話題の代表的なものを紹介しましたが、他にも稼ぐことができる資格はあります。
看護師や宅地建物取引士、日商簿記なども様々な場面で有効です。
意外なところで、普通自動車第一種免許もあります。
持っている人が多くあまり思い付かないかもしれませんが、車の免許があるかないかでは仕事の幅が全く変わってきます。
都会に住んでいると日常生活では必要性を感じることも少ないでしょうが、仕事の面ではかなり必要とされる機会がありますので、一度考慮してみるのもいいでしょう。

このように難しいものから比較的簡単に取得できるものもありますので、何かチャレンジしてみてはいかがですか?

参考サイト : https://shikakunosanboh.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする