税理士資格で通信講座はありますか?

税理士とは簡単に言うと税務や会計に関することのスペシャリストです。税理士にはあらゆる業務がありますが、代表的な業務のひとつには税務業務と言われるものがあります。具体的には税務書類の作成や税務に関する相談、税務代理などがあり、税理士ならではの税理士の資格を持たなければ行なうことができない独占業務です。会計業務も代表的な業務ですが、コンピューターなどで会計ソフトを利用して決算書の作成などを行ないます。ほかではコンサルティング業務があります。コンサルティング業務は税金や企業の経営に関わることのアドバイスを行ないます。税務に関する知識をもとにマーケティングなどの経営に関する相談を行なうアドバイザーとしての役割を果たす業務です。最近では中小企業の経営改善などのアドバイスが行なわれています。さらには海外に進出した日本企業と日本に進出した海外企業との税制についての橋渡しとしてのアドバイスも行なわれています。このような業務を行なうためには試験に合格する必要があり、一年に一回行なわれている国税庁による税理士試験に合格しなければなりません。毎年8月の暑い時期に行なわれる試験で、簿記論と財務諸表論の会計学に関しての2科目と法人税法や所得税法、相続税法、消費税法などの税法に関する科目のなかの3科目、合計5科目すべてに合格しなければなりません。目安は5科目すべてが60パーセント以上の得点が必要で合格率はそれぞれの科目が10から20パーセントぐらいです。非常に専門性の高い内容の試験で最低でも2年から3年以上の勉強期間が必要となります。綿密に計画を立てて最後まであきらめずに努力ができるかがポイントです。5科目すべてを1回で合格する必要はなく、1回でも合格をした科目は有効期限がないため1年ごとに1科目あるいは2科目ずつと重ねることで最終合格を目指すことができる試験です。試験の対策には専門学校に通学して講義を受けながら勉強する方法がありますが、普段は仕事をしていたり時間的に余裕のない方には通信講座と言われるものがあり、おすすめです。1日24時間のうち好きな時間に好きな場所で勉強ができるものです。DVDによる通信講座が主なものですが繰り返し何回でも勉強ができ、定評のある学校の定評のある講師が担当するため初学者にもわかりやすく無理なく勉強が進められます。難しい内容を丁寧にわかりやすく解説されているものが通信講座には多いものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする